Messageご挨拶

花はみんなをしあわせにする

世羅高原農場は創業45周年
花観光農園として30年目を迎えました。

世羅高原農場は1978年に世羅町北部の小高い丘で葉タバコ生産組合として発足し、2024年で創業45周年を迎えました。また花観光農園として開園して30年の節目を迎えました。創業以来たくさんの方々に支えられ、またたくさんのお客様に花畑に足を運んでいただけるようになりました。 おかげさまで現在は「世羅高原農場」をはじめとした「Flower village花夢の里」「そらの花畑 世羅高原花の森」「せらふじ園」4つの花観光農園で、それぞれに季節を彩る花の絶景をお届けしています。また食の地域活性化プロジェクト「せらバーガープロジェクト」や、冬の新たな魅力を創出する「世羅高原キャンドルナイト」などを通じて世羅高原の魅力発信にも努めています。毎年変わらぬ美しい花風景、そして毎年新しい発見や感動を。
これからも季節とともに感動の花風景を創り続けてまいります。花いっぱいの丘でみなさまのお越しをお待ちしています。

Campaignキャンペーン

世羅高原フォトコンテスト2024

「心にのこる花風景」

世羅高原農場グループの4つの農場(世羅高原農場・Flower village 花夢の里・そらの花畑 世羅高原花の森・せらふじ園)で咲き誇る花々の魅力や、美しい風景、忘れられない一瞬や思い出を収めた作品。(花畑の風景はもちろん、花と人など幅広く募集します)

History沿革

Flower calendar花暦

About農園について

世羅高原エリアに点在する国内最大規模の4つの花観光農園では、
春夏秋冬を彩る花風景をお届けしています。

Connection農場ゆかりの方々より

世羅高原農場は45年の歴史の中で、多くの方との繋がりを持つことができました。様々な花の成長とともに、この繋がりが私たちにとって最も大切な資産となっています。

「花はみんなをしあわせにする」のポリシーのもと、共創しお力をお借りした皆様からメッセージをいただきました。

世羅高原農場45周年 アニバーサリー紀行文

花写真家わたなべもも

はじめて世羅高原農場を訪れたのは2013年。フォトコンテストの審査員をしたのがご縁でした。あまりに広大な花畑を見たわたしは「日本にこんなところが!!」と驚きでいっぱいに。以来ここは、撮影会をしたり、自身の作品づくりに訪れたり、思わず「ただいまー」と言ってしまう大切な場所です。こんなに素敵な世羅の魅力が、どうぞたくさんの方に伝わりますように。開園45周年、本当におめでとうございます!

「おやゆび姫たちが住む花の国」(世羅高原農場)

AM5:00。
誰もいない花畑にいれてもらった。
高原のキンと冷えた空気。
花たちはまだ眠っているから、暗いなかを起こさないようにそっと歩く。
東の方へカメラを向けて、日の出を待とう。
自分の呼吸の音だけがきこえる。
いや…花たちの小さな息遣いもきこえる気がする。
今ここは、わたしと花だけの世界だ。
ふいに鳥が鳴く。「今日をはじめるよ!」
合図を受け取ったように鳥たちはざわざわ動きだし、深い青だった空にオレンジ色がまじる。
夜明けだ。
空の色はうつくしいグラデーションで一秒ごとにかわってゆき、まっくらだった大地にはどこまでも続くチューリップ畑があらわれた。

*ハイアングルから撮影したくて、風車展望台へ。羽根をシルエットにして大きく配した。刻々と空色が変化する。

ここは、世羅高原農場。今年開園45周年を迎える。標高500mの広大な敷地を75万本のチューリップが埋め尽くすという、日本最大級の花の丘だ。なかでも色とりどりのチューリップだけで作られた花絵は、毎年図柄が変わる。いったい何万本の花で作られているのだろう。「訪れる人をあっと驚かせたい」と、球根ひとつひとつを手作業で図案通りに植えつける。気の遠くなるような時間と労力が注ぎこまれている。

*毎年変わる巨大な花絵。ツバメになって上空から見てみたい。

おやゆび姫がツバメに乗って最後に辿りつく花の国…。もし本当に花の国があるのなら、こういうところなのではないかと思う。こんなにたくさんのチューリップがあるのだもの。ひとつやふたつ、花の妖精が隠れていたとしても驚くことではない。「おやゆび姫はどこかな…。」気配を感じながらファインダーを覗いていると、「みつけた!」あの花のなかに、きっとおやゆび姫がいる、そう思わずにいられないかわいい一輪に出逢った。

*チューリップを撮るとき、「なかにおやゆび姫がいる」と思うだけで、シャッターを押すときドキドキしてしまう。

チューリップといっても、赤白黄色の原色だけではない。ここで見ることのできる品種は300を超え、形も色も実にさまざま。これだけ広大な花畑なのに、いつ来ても手入れが行き届いている。チューリップの球根は10月からコツコツと丁寧に植えられ、冬は雪の布団をかぶって眠り、春にようやく開花する。その花色のうつくしさは格別で、朝晩と日中の気温差が作り出すという。高原の花ならではの特別な瑞々しさなのだ。

*はじめて見るような珍しいチューリップに出会えるのも楽しみのひとつ。

花を撮るときに困るのが、周囲の人工物。例えば、公園などではどうしても自販機や柵が写り込みがちだ。でもこの花畑には、いっしょに映し込みたくなるようなベンチやパラソル、かわいい屋根の建物や風車など、フォトスポットになりそうなところがたくさん用意されている。また花を守るロープなどもあえて張られていない。だから皆が花のなかで自由に写真を撮っている。それは、花を踏みつけてよいということではない。花を大切にしてくれると信じているからこそ、ロープを張らないのだ。

*パラソル3兄弟も花畑の大事なキャスト。帰りたくなくていつまでもシャッターを切ってしまう。

PM17:00。
そろそろ日も暮れるころ、ひかりはやわらかなオレンジ色を帯びてくる。
おやゆび姫たちが住む花の国も、静かに夜を迎える支度。
おやゆび姫に気が付いたひとも、気が付かなかったひとも、きっとまたここを訪れることができますように。この場所がこれからも、すばらしい花の国でありますように。

「空へとける青 よせる波の青」(花夢の里)

この季節、世羅一帯は花に祝福されているように花であふれるので、1ヶ所で満足するのはもったいないというもの。続いて世羅高原農場から車で20分の「花夢の里」を訪れた。迎えてくれたのは青いじゅうたんとピンクのじゅうたん。近づいてよくみると、それはそれは小さな花を敷きつめた、とても贅沢なしつらえだ。

青いじゅうたんの花はネモフィラ。空に向かってしゃがみこめば、そのまま青くとけてしまいそう。きみたちはお日様が大好きなんだね。

*カメラを地面に置くような位置から空に向かってシャッターを切る。ありんこが見ている景色はこんな感じかな。

花と同じ目線でファインダーを覗けば、そこにはネモフィラの海が広がっている。ぷかぷかと波に身をまかせた花たちは、とても楽しそうだ。

*小さな花は小さく写すからこそかわいらしい。花が作り出すラインが、波の揺らぎのようにみえる。
*青と黄色は反対色。互いを引き立てあう色同士。色の組み合わせ、花の組み合わせを考えてぬいて作られた花畑は、写真好きをワクワクさせる。
*ピンクのじゅうたんはシバザクラ。おしゃれなパッチワーク模様。
*俯瞰で近づいてみるとぎっしり隙間のない花、花、花。傷んだ花を入れないように切り取るのがポイント。
*おや、ここにもしあわせそうに寄り添うふたり。花たちはいつでも物語を描いている。

花畑の中にポツンとあるバス停はメルヘンチック。たぶんバスは来ないけれど、もしもバスに乗ったなら、どこへ連れて行ってくれるだろう。ふわふわ雲の上停留所を通過して、竜宮城前で下車しようかな。 「花夢の里」というのは、「花と夢を見る場所」という意味かも知れない。

「花夢の里」というのは、「花と夢を見る場所」という意味かも知れない。

わたなべもも(花写真・作詞・おはなし)

幼稚園在職中に作詞家デビューし、翌年退職。子どもの歌やおはなしを書き始める。その後、写真家 丸林正則 氏に出会い、花写真を学ぶ。花かごの代わりにカメラをもって、花を摘む代わりにカメラの中を花でいっぱいにする。「レンズの奥の不思議の国」をテーマとし、独自の感性を活かしたワークショップや、おはなしをテーマに作品作りをする「Story*Photo」を展開中。SONYαアカデミー講師、PHOTO*MOMOTTO主宰。花フォトももぐみキャプテン。CDと写真詩集「gradation」を発売中。